車110番 CARアドバイザー
フェラーリ・スペシャル



ランボルギーニ

ランボルギーニ・ムルシエラゴ



ランボルギーニ・ムルシエラゴ』は、アウディ社傘下に入ったランボルギーニ社で最初の車であって、ディアブロの発展型モデルとしてフランクフルトショー、東京モーターショーで披露されて、2001年の秋から市販化されました。

ムルシエラゴの由来は、伝統にならって闘牛の名前から取られ、スペイン語ではコウモリを意味します。
カーボンファイバー製の2mを超えるワイドボディに独特なガルウイングドアを持つ2シーターなのです。

ランボルギーニ・ムルシエラゴのエンジンは完全に新規設計されたものではなく、ディアブロからそのまま引き継がれた、アルミダイキャスト、バンク角60度の水冷V型12気筒DOHCエンジンを、最新のスーパーカー事情に合わせて発展させたものなのです。
これは、あくまでカウンタックからディアブロへの進化がそうであったように、基本構造を受け継いでいるだけです。

ディアブロの最終生産型である6.0SEのものを基本にストロークを延長され、6.2リッターの排気量を得ました。
そして、ムービングパーツを中心に徹底的に素材置き換えなどをして軽量化をはかり、更に緻密なバランスを保たれ、エンジンパワーを580馬力とし、トルク66.3s/mにまで高めながら初期のディアブロにあった荒々しさを払拭したのです。

ランボギーニ・ムルシエラゴ・LP640の搭載エンジンは、既存の6.2LのV型12気筒DOHCエンジンをベースに、ボア×ストロークを変更して排気量を6.5Lに拡大するなど大幅な変更をして、0〜100km/hを3.4秒という驚異的な加速性能を実現しました。

サスペンションは前後ともに電子制御ショックアブソーバーを備えるダブルウイッシュボーン、前245/後335の超ワイドタイヤを装着しています。
そして、可変機能を備えるリヤスポイラーは130km/hまでは全閉、それ以上で半開、220km/hを超えると70度に全開ライズアップして、全速度域で適切な空力効果を発揮するのです。

ランボルギーニ

ランボルギーニ・ガヤルド



ランボルギーニ・ガヤルド』は、過去に存在したベビー・ランボルギーニのポストを継ぐモデルとして2003年ジュネーブショーでデビューしました。
ガヤルドとは、18世紀の闘牛ブリーダー、血統名に由来するそうです。

ランボギーニ・ガヤルドのデザインは、カウンタックをデザインしたマルチェロ・ガンディーニではなく、親会社であるアウディから出向したベルギー人デザイナー、リュック・ドンカーヴォルケによって主導され、ランボルギーニ初のアルミ製スペースフレームを導入したモデルです。

Aピラーなど補強が施されており、転倒時にはロールバーがポップアップする新機能を備えているのです。
また、ランボルギーニ独特のガルウイングドアではなく、ノーマルタイプを採用したモデルでもあります。

車重は1430kgと超軽量ボディが特徴で、搭載されるエンジンはバンク角90度オールアルミ製の5L(排気量 4961 cc)・V型10気筒DOHC40バルブで500ps/7800rpm、52.0kgm/4500rpmを発揮します。
ランボギーニ・ガヤルドは、6速マニュアルミッションと、e-ギヤと呼ばれるステアリングコラムに付けられたパドルシフトで、排気量の5Lにちょうど合わせたように、リッター当たり100馬力を達成する500馬力を実現し、非常にパワフルなエンジンパフォーマンスを誇っています。

このエンジンは、低回転のトルク特性に優れているだけでなく、レッドゾーンは8200回転から始まるので、相当なレベルのドライバリティとポテンシャルを秘めていると言えます。
特に『ランボギーニ・ガヤルド』のスパイダーは、最高速度は314km/h、オープン時でも307km/hを叩き出すハイパワーを備えての仕上がりで、流行の開閉式ハードトップではなく、ファブリック素材のソフトトップで、開閉操作はセンターコンソールのスイッチで行ない、約20秒という仕上がりというものです。

ランボルギーニ

ランボルギーニ・ディアブロ



ランボルギーニ・ディアブロ』は、1995年まで生産が継続されたSE30の実質的な後継車で、1996年ジュネーブ・ショーで制式に発表された2シーターの超高性能スーパーカーです。
ディアブロの由来は、伝説の闘牛の名前から取られたわけですが、意味は「悪魔」となんとも恐ろしいものです。

ランボルギーニ・ディアブロは、1970〜80年代に世界中で大ヒットした、名車「カウンタック」の後継車種なので、空気抵抗を意識した低い車高とガルウイングドアといったカウンタックの特徴をそのまま受け継いでいます。

搭載されているエンジンは、初期モデルは530馬力の5.7リッターV型12気筒DOHC48バルブですが、最終型では排気量は6.0リッター(6.0が550馬力、GTが575馬力)に拡大されました。
このエンジンはカウンタックと同様に、縦置きのミッドシップ型で、前方にミッションを配置し、オイルパンを貫通したシャフトを介して後輪に駆動力を伝達するという特殊な構造を採用しています。
また居住性については、カウンタック時代は過去最悪と言われたものをだいぶ居住性の向上が図られました。

ランボルギーニ・ディアブロ』のフレームはカウンタック同様のマルチチューブラーフレームですが、断面形状がカウンタックの丸断面に対して、角断面を持つ鋼管スペースフレームにカーボンパネルを組み合わせたものに変更されました。
ボディはアルミニウムと複合素材を使用しています。

サスペンションは前後ともにダブルウイッシュボーンで、5速のマニュアルミッションを搭載し、VT(後輪駆動モデルがSV、4WDがVTというネーミング)の最高速は335km/hと発表されています。

ランボルギーニ

ランボルギーニ・カウンタック



ランボルギーニ・カウンタック』はイタリアの自動車メーカーで製造された、スーパーカーの代名詞的な存在です。
カウンタック(Countach)の低くて広いクサビ形のボディは、未来のクルマそのものをイメージしたものと言えます。
車名の由来はランボルギーニ社があったピエモンテ地方の方言で、「驚きを表す感嘆詞」だといわれています。

ランボルギーニ・カウンタックLP400の気になるスペックは以下の通りです。
全長:4140mm  全幅:1890mm  全高:1070mm  重量:1300s
エンジン:60度V型12気筒DOHC  排気量:3929cc
最高出力:375ps/8000rpm  最高速度:300q/h

ちなみに、スーパーカーブームの時には「最高時速300km/h」というのが話題になって、これが人気のひとつでしたが、実際には当時のLP400の最高速度は300km/hまで届いていなかったそうです。

その後、新型ランボルギーニはベルトーネの傑作であるランボルギーニ・カウンタックLP500を生み出しました。(ホイールは前輪が7インチ、後輪は9インチ)
このカウンタックLP500はV型12気筒DOHC  排気量4971cc、6ウエーバーで440ps/7400rpmをミッドシップに横起きに搭載しました。
これはターボ無しでも400馬力をも超えるモンスターエンジンなのです。
コンセプト、デザイン、システム全ての点において異彩を放ち、1970年代後半から1980年代の日本において、まさにスーパーカーブームの火付け役となった現在でも人気の高い車種の一つです。

ギアボックスは5速で、サスはボックスタイプ・プラットフォーム・シャシに前後ウイッシュボーンとコイルの独立したもので、『ランボルギーニ・カウンラック』といえば、左右のドアが上方向に開く(跳ね上げ式)珍しい形式で独特の魅力をかもし出しています。

実はランボルギーニ・カウンタックLP500こそが、正式に最高速度300q/hを記録した初めてのモデルでした。

ランボルギーニ

ランボルギーニ・イオタ



ランボルギーニ・イオタ』は、ミウラをベースにFIAのプロトタイプ・クラス車両規則に準じて、1969年末に社内の人々の協力を得て、ボブズ・トイと呼ばれるボブ・ウォレスが作成したレーシングカーの1台と言われています。

ランボルギーニ・イオタはスーパーカーブームのさなかでは、このモデルのSVRが一般的でしたが、SVRはミウラベースからモデファイされたものでした。
「本物のイオタ」は当時のFIAのレギュレーションの「附則J項」である、プロトタイプクラスの規定を満たすべく開発された後、このワンオフモデルは1972年に全損事故を起こしこの世から消滅しているのです。
同様のプロトが他に存在していて、全部で6台生産されていた?という噂があるなど、そのミステリアスな存在もイオタの魅力です。

「イオタ」の由来は、当初このFIAの車両規則アペンディックスJ項にちなんでJと名づけられましたが、ベース車両の名前である「ミウラ」はランボルギーニ初のペットネームということで、スペインに起因するためJもスペイン語読みで「Jota=イオタ」と呼ばれるようになったそうです。

イオタのエンジンは排気量は3,929ccのままドライサンプ化。
圧縮比を上げて、キャブレターを変更することにより、440HP/8500rpmの最高出力に高められ、900kgの車両重量と相まって300km/hの最高速度を出せるといわれています。
(最高速度の記録は正式ではないために、推定300km/h以上と記載されている)

ランボルギーニ・イオタ』は、かなり特異な存在で、元々はミウラの開発用のテスト車両だったもので、その成果はミウラSVに生かされたのです。
その後クラッシュ炎上し、実質の全損事故で本物のイオタといえる現存車はなく,幻のスーパーカーとも呼ばれています。

ランボルギーニ・イオタは、ミウラSVを元に数台(スーパーカーブロマイドには6台生産と記載)のレプリカが作成されたと言われています。
なお、それには「Jota」のネームプレートが与えられて、SVJの名前で生産証明が発行されているそうです。

1974年にミウラP400Sをベースに1台のレプリカが作成されており、この1台はルーフ・エンドにウイングが装着されるなど、他のSVJとは異なっているために、SVRと呼ばれていたみたいです。
このようにランボルギーニ・イオタは、約40年前スーパーカーに夢中になっていた人たちがターゲットで、現在も正確な情報が得られない謎の多い車で、希少価値のある1台です。

ランボルギーニ

ランボルギーニ・ミウラ



ランボルギーニ・ミウラ』は、1965年のトリノ・ショー展示でP400と名付けられ、翌年1966年のジュネーブショーで、ベルトーネデザインの美しいボディをまとって「ミウラP400」としてデビューを飾りました。
「ミウラ」の由来は、スペインの闘牛家ドン・エドヴァルド・ミウラにちなんだ名前だといわれています。
ランボルギーニ・ミウラの気になるスペックは、全長:4360mm  全幅:1760mm  全高:1050mm  重量:1040s  エンジン:60度V型12気筒DOHC  排気量:3929cc  最高出力:385ps/7000rpm  最高速度:293q/h

この流麗なスタイルにミッドシップ12気筒エンジンは350馬力以上、軽量化されたボディや洗練されたコンポーネンツは、まさに元祖スーパーカーとして後々の世に多大な影響を与えたのでした。

ランボルギーニ・ミウラ』は1973年まで製造されたスポーツカーで、フェルッチオ・ランボルギーニがルマンで活躍していたフェラーリやフォードGT40などに販売上対抗するために、12気筒エンジンを横置きミッドシップに搭載するという、現代に続くスポーツカーの基本レイアウトを大排気量の車として初めて採用したものでした。

この時代、ミッドシップは市販量産車ではとても奇抜で進んだ考えで、さらにV12気筒も、フェラーリやメルセデスをはじめ各車メーカーが足を踏み入れていない時代でした。
特徴的なヘッドライトはマツ毛と呼ばれる黒い飾りが付いていてポップアップ式で、現在でもその評価は高くて、コレクターにはたまらなく魅力的な存在である。

ランボルギーニ・ミウラのエンジン排気量はP400、P400S、P400SV(「V」の文字は、アルファロメオのグレードでもお馴染みのヴェローチェで「速い」の意味です。)と3つの時代に区切られるわけですが、Pは座席の背後にエンジンが載っていることを意味し、400は排気量4L(3,929cc)の意味である。

ランボルギーニ・ミウラは3つの時代と共にカム、キャブレターの変更、リアサスペンションの改良、タイヤがワイド化されると同時にリアフェンダーもわずかに拡大され、エンジンも385馬力へ大幅に改良、わずか1040kgの車体を最高速度290km/hまで引っ張った60年代に生まれた怪物です。

しかしながら、P400とP400Sの外観の違いがほんの少しだけなので、エンブレムの「S」の文字で見分けるのが無難なところでしょうか。
その後の「SV」はエンブレムはもちろんの事、外観も特徴だったマツ毛が無くなり黒い滑らかな縁取りとなって、バンパー部にあるエアインテークやウインカーの形状も変わった事から、マスクの印象が大きく変わりました。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。