車110番 CARアドバイザー
フェラーリ・スペシャル



ランボルギーニ

ランボルギーニ・ムルシエラゴ



ランボルギーニ・ムルシエラゴ』は、アウディ社傘下に入ったランボルギーニ社で最初の車であって、ディアブロの発展型モデルとしてフランクフルトショー、東京モーターショーで披露されて、2001年の秋から市販化されました。

ムルシエラゴの由来は、伝統にならって闘牛の名前から取られ、スペイン語ではコウモリを意味します。
カーボンファイバー製の2mを超えるワイドボディに独特なガルウイングドアを持つ2シーターなのです。

ランボルギーニ・ムルシエラゴのエンジンは完全に新規設計されたものではなく、ディアブロからそのまま引き継がれた、アルミダイキャスト、バンク角60度の水冷V型12気筒DOHCエンジンを、最新のスーパーカー事情に合わせて発展させたものなのです。
これは、あくまでカウンタックからディアブロへの進化がそうであったように、基本構造を受け継いでいるだけです。

ディアブロの最終生産型である6.0SEのものを基本にストロークを延長され、6.2リッターの排気量を得ました。
そして、ムービングパーツを中心に徹底的に素材置き換えなどをして軽量化をはかり、更に緻密なバランスを保たれ、エンジンパワーを580馬力とし、トルク66.3s/mにまで高めながら初期のディアブロにあった荒々しさを払拭したのです。

ランボギーニ・ムルシエラゴ・LP640の搭載エンジンは、既存の6.2LのV型12気筒DOHCエンジンをベースに、ボア×ストロークを変更して排気量を6.5Lに拡大するなど大幅な変更をして、0〜100km/hを3.4秒という驚異的な加速性能を実現しました。

サスペンションは前後ともに電子制御ショックアブソーバーを備えるダブルウイッシュボーン、前245/後335の超ワイドタイヤを装着しています。
そして、可変機能を備えるリヤスポイラーは130km/hまでは全閉、それ以上で半開、220km/hを超えると70度に全開ライズアップして、全速度域で適切な空力効果を発揮するのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。